カサンドラさんとコロナ 2020/5/20

こんにちは。カウンセラーの松島です。

コロナ禍で3・4月と二か月間、閉所をしました。5月中旬から開所し、来談者さんとお互いの体調を確認し合いながら、少しずつ来談が再スタートしています。

カサンドラカウンセリングの継続来談者さんに、コロナ禍でのご家庭の様子を伺うと、発達系ご主人の様子は大まかに2つのパターンに分かれるなと感じました。

①コロナ禍により、突然、世の中が変化してしまい、今までのパターンや生活ルーティーンが崩れ、不安定気味になる発達系夫。

②コロナ禍の外出自粛stay homeにより、家にいる時間が増えたことで堂々とひきこもることができ、安心感から穏やかになる発達系夫。

しかしながら、ご家族と過ごす時間が長かった自粛生活。やはり困りごとはあったご様子です。