〒422-8034

TEL 054-237-5788

静岡県静岡市駿河区高松

静岡の女性の発達障害専門カウンセリング

 Mama clear ママクレア

営業日:月〜土 定休日:日・祝

面談受付時間:AM10:00/PM1:30

Copyright(C)2016 mama clear All Rights Reserved.

共依存あるある

December 17, 2014

12月親育ご参加、ありがとうございました。
12月の親育では「依存と共依存」をテーマに学習をしました。

依存とは、アルコール依存、薬物、ギャンブル、買い物、セックスなどなど…があげられます。
自分が依存状態の人は、案外と、自分が依存症者であることがわかっていたり
医師やカウンセラーなどに依存症の傾向を告げられると、病気について認めることが多々にしてあります。

しかし、やっかいなのが「共依存者」。
共依存者とは、「相手のために自分を見失ってしまう人間関係を作りやすい人」と定義されます。
たとえば、
相手を愛しすぎてしまう男女
夫のつくった借金を返済するために必死でお金の工面をする妻
どんなママ友とも仲良くしたい人
人のためにという精神で生きているのに、どうしてか人間関係の問題を抱えやすい人
・・などなど

共依存者は、自分が共依存だと気づきにくいことが特徴。
共依存者は「人のために良いことをやっている」という意識が強いため、医師やカウンセラーからの助言を聞き入れない(認めない)ことが多々にしてあります。

共依存者の特徴として、一番にあげられる特徴は
「自分を犠牲にして相手を助けたり、世話をする」

自分のことより、相手の気持ちや、相手の依頼や希望を最優先。
その心理背景には、
感謝されたい、必要とされたい、あの人にとって私はなくてはならない存在だ、などと思い込むことにより、自分の存在価値を確保しようとする意識、無意識の働きがなされます。

現在の親育では、このような共依存者の22基本的特徴「共依存あるある」と、
対応策(解決法、アドバイス法)を学習中です。

学習をすると、自身の共依存傾向を知り、その解決法を見つけることができます。
また、人様の心に関わるお仕事をされている方や、お友達のご相談など、お相手の抱える問題要因にいちはやく気づくことができます。

12月の学習会では、共依存者の22基本的特徴の「7」まで学習しました。
1月は基本的特徴の「8~16」をお勉強する予定です。
途中からでも充分にわかる内容です。お気軽にご参加くださいませ。

---------------------------------------------------------------

親育 アート&おはなし会

1月21(水)/24(土) 10:00~11:30
2月18(水)/21(土) 10:00~11:30
参加費 1000円

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 11, 2018

March 14, 2018

Please reload

アーカイブ